StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

億り人続出!儲かると話題の仮想通貨「ビットコイン」とは?

   

仮想通貨「ビットコイン」って何?

ビットコイン(bitcoin)とは仮想通貨の一種で、円やドルなどの法定通貨とは違い、実体の無いバーチャルな仮想の通貨のことです。

仮想通貨は2017年時点で数千種類存在すると言われていますが、その中でも最も利用者が多く、信頼性が高いのがビットコインです。

ビットコインは円札や小銭のような実体こそありませんが、法定通貨(円やドルなど)と同じように決済や送金の手段として利用することが出来ます。

仮想通貨と聞くとなんだか難しく聞こえますが、仕組み自体は電子マネーやウェブマネーと同じようなものだと考えてもらって大丈夫です。

日本では2014年に起きた、ビットコインの取引所「マウントゴックス破綻事件」で一気にビットコインが有名になりましたね。

僕自身も2015年頃からビットコインに投資して利益を得ていますので、今回は話題のビットコインの魅力をシェアしてみようと思います。

スポンサードリンク

ビットコインと通貨の違い

ビットコインと円やドル、ユーロなどの通貨との決定的な違いは「管理者」が存在しないという点です。

通貨は政府や日本銀行の裁量で発行量を管理する仕組みですが、ビットコインはP2Pという分散ネットワークによって参加者全員が管理・運用をしています。

ビットコインの価格はFXや株式市場と同じように変動相場制で決まります。

ビットコインを買いたい人が増えれば価格は上がり、反対にビットコインを売りたい、手放したい人が増えれば価格は下落します。

需要と供給で成り立っているという意味では国が発行する通貨と同じように思えますが、決定的な違いは「通貨の管理主体がない」という点です。

日本で円だけを使っていると気づきにくいですが、実は日本円は日本銀行の一声で価格の上げ下げを自由にコントロールすることが出来ます。

「金融緩和」という大義名分を用いて万札を大量に剃ることで、外国通貨比での円の価値は下がります。

僕のブログを熱心に読んでいる方は分かると思いますが、現在の国際金融資本主義社会は、各国のバチバチの通貨安誘導合戦で成立しています。

どこの国も自国通貨を安くすることで輸出量を増やし、インフレを促進させたいという思惑があります。

最近ではアメリカ大統領トランプ氏が日本やユーロ圏に対し通貨安誘導を積極的に牽制する動きが見受けられます。

そういう意味では、通貨の価格、価値は純粋な需給ではなく、政治的な要因で変動しやすい傾向にあるわけです。

円の利用者である僕達日本国民は、こういった国や日銀などの管理者によるやり方に意義を唱えることは出来ません。

利用者にとって「フェア」ではない通貨とは違い、ビットコインの仕組みには管理者がいないので、ビットコイン自体の発行量を増やして価格を意図的にコントロールしたりすることは一切できません

世界中のビットコインユーザーの純粋な需給により価格が決定されるという意味では、利用者にとっても「フェア」な通貨であるといえるでしょう。

通貨は管理者による「中央集権型」、ビットコインは管理者の存在しない「非中央集権型」で成り立っていると覚えておきましょう。

 

ビットコインを構成する「ブロックチェーン」技術とは?

法定通貨は銀行のサーバーによって入出金等が全て管理されているのに対し、ビットコインは「ブロックチェーン」技術という仕組みによって管理運用がされています。

ビットコインなどの仮想通貨は「犯罪に使われやすい」、「盗まれやすい」などと言ったネガティブなイメージが先行していますが、ブロックチェーン技術の仕組みを理解すれば、実は全くそうではないことがわかります。

例えば、ブロクチェーン上で自分の取引履歴を改ざんしようと思ったら、過去の取引情報が記録されているブロックまで遡って書き換えなければならないので、ハッキングや履歴の改ざんがされにくい仕組みなのです。

ビットコインの取引は世界中に点在するマイナー(採掘者)と呼ばれる人達によって、取引の承認作業が行われています。

この作業をマイニングといい、取引の承認をたくさんすればするほど、報酬としてビットコインが貰える仕組みです。

 

ビットコインで出来ること

ビットコインの売買(トレード)で利益を得る

現在、ビットコインの利用用途で最も多いのは、ビットコインへの「投資」でしょう。

ビットコイン価格の上昇を期待して、投資する人が今年に入ってから急速に増えています。

今年に入ってから右肩上がりで価格が急上昇しているのが分かりますね。

2017年初の価格で比較しても、この記事を書いている2016年6月現在で価格が3倍以上に膨れ上がっています。

ビットコインやその他アルトコインの急上昇で億り人(一億円以上の資産を築いた人の総称)になった方もたくん居るようです。

このアンケートの結果が真実であるとすれば、日本国内にビットコインを初めとする仮想通貨で、億を超える資産を築いた人が最低でも366人以上はいることになりますね。

実はビットコインはインターネットを通じて簡単に売買ができる、敷居が低い投資銘柄です。

投資金額も数千円から始められるので、投資初心者に向いていると言えるでしょう。

株式市場や外国為替相場(FX)では企業の財務状況や主要国の金融政策などの複合的な分析能力が要求されますが、ビットコインへの投資ではこういった複雑な分析は必要ありません。

ビットコインを欲しい人が増えれば増えるほど価格が上がるといったように、価格変動の要因がシンプルで分かりやすいのです。

日本国内で、ビットコインはコインチェック(coincheck)という取引所で購入ができます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェック(coincheck)口座開設ページ

 

ビットコインを決済や送金の手段として使う

ビットコインは法定通貨と同じように、買い物の決済や個人間の送金にも利用できます。

商品やサービスの決済方法として代表的なのは現金やクレジットカード、Suicaですが、実はビットコインも決済に使うことが出来ます。

ただ、現時点では店舗側でビットコイン支払いに対応していないケースがほとんどで、ユースケースとしては今のところ少ないのが実状です。

とはいっても、最近では徐々にビットコインで支払い可能な店舗が増えてきていて、2017年4月からビックカメラでビットコイン決済が導入されました。

2020年の東京オリンピックまでには、ビットコイン決済ができる店舗が急速に増えると予想されていて、そうなればビットコインの価格も上がるでしょうから、今のうちに先を見越して投資しておくのが良さそうですね。

世界中の対応店舗で決済が出来るというだけでも十分に革新的ですが、ビットコインのユースケースとして更に優れているのが「送金」手段として利用する場合です。

例えば、日本の銀行に預金してある自分の日本円を海外に送金しようと思ったら、実際に着金されるまで早くても数日かかり、為替手数料も数千円〜1万円程度かかります。

これに対し、ビットコインで海外送金すれば、数分〜数十分程度で着金、かかるコストも数十円〜数百円と格安です。

この送金の速さと手数料の安さに、世界中の法人や銀行が目を付け始めていて、送金手段の在り方が通貨→ビットコインなどの仮想通貨に完全に置き換わるのも時間の問題でしょう。

現状、ビットコインで送金する場合の懸念材料として、「反映までの数十分間の間にビットコイン価格が急変動するリスク」がよく挙げられますが、これは受け取る側の取引所等で信用売をかけることで、送金の間の価格変動リスクを完全にゼロにすることが出来ます。

 

ビットコインの購入・入手方法

取引所を通じてビットコインを買う

ビットコインはFXの取引所で円でドルを購入できるように、日本円でビットコインを購入できます。

次項で解説するマイニングなどの特殊な方法を除いて、基本的にビットコインの売買は取引所を通じて行います。

国内の取引所コインチェック(coincheck)では、ビットコインはもちろん、その他代表的な仮想通貨の売買がスマートフォンアプリやPCブラウザから簡単に出来るのでオススメ。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェック(coincheck)口座開設ページ

 

マイニング(採掘)によりビットコインを得る

ビットコインを得るもう一つの手段として、マイニングという方法が挙げられます。

個々のビットコイン取引は毎10分毎に世界中のマイナー達によって承認作業が行われています。

この承認作業の処理速度が最も速かったマイナーに、報酬としてビットコインが与えられる仕組みで成り立っています。

ビットコインのマイナーの90%以上は中国人だと言われていて、個人が参入するには膨大なサーバー代や電気代が掛かり、承認作業自体も技術的に複雑であることから、実現可能性が非常が低いのが現状です。

手軽にビットコインを手に入れたいのであれば、取引所で購入することをオススメします。

 

ビットコインを筆頭とする仮想通貨の将来性

ビットコイン投資をする人にとって、ビットコインを初めとする仮想通貨の将来性を予測することはとても重要です。

僕自身は、仮想通貨市場はまだまだ黎明期であり、需要は今後も飛躍的に拡大していくと共に、価格も上昇すると捉えています。

国や政府の規制が入り、使えなくなるといったネガティブサイドの見解もありますが、ビットコインを含む仮想通貨の革新的な技術の台頭は、もはや国家によって止められるレベルではありません。

1990年台後半のインターネット革命によってインターネットが急速に普及したように、決済や送金のシステムは今後数年間で通貨から仮想通貨に置き換わるでしょう。

これはデータを見れば明らかで、仮想通貨全体の時価総額は日々増え続けています。

CryptoCurrency Market Capitalizations

仮想通貨全体の出来高が増えてるということは、つまり円やドルなどの法定通貨から仮想通貨に換金されている絶対量が日々増えて続けているということです。

最近の事例では、ベネズエラの通貨がハイパーインフレ状態になったことで、国民の多くが自国通貨をビットコインに換えたことが話題になりました。

ベネズエラ、500%インフレで自国通貨よりビットコインを信用

元来、法定通貨も仮想通貨も価値の源泉は「信用」によって成り立っています。

国家や政府などの中央によって発行量や価格をコントロールできてしまう、法定通貨の仕組みは本当に信頼が置けるのでしょうか。

こういった法廷通貨の構造上の欠陥に気付いた人が、徐々に資産比率を自国通貨から仮想通貨に移しているというのが今の大きな流れです。

資産保全という観点からも、健全性が担保されているビットコインに「信頼性」が集まってきていることが読み取れますね。

決済としての利用用途が未だ少ない現時点でこれだけ注目されているわけですから、これから更に実用的になれば出来高の増幅とともに、価格も上昇していくでしょう。

いずれにしても、仮想通貨全体の市場はまだまだ発展途上であり、今後の値上がりも期待できそうです。

ますはメジャーなビットコインから仮想通貨への投資を始めてみてはいかがでしょうか。

ビットコインを始めとする仮想通貨の売買は国内の取引所「コインチェック(coincheck)」がオススメです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェック(coincheck)口座開設ページ

 

コンサル生絶賛募集中

コンサル企画やってます!

僕が実際にエントリーしたポジションのテクニカル解説や月一回の対面コンサルなど、ガチで常勝トレーダーを輩出すべくがんばってます!

詳細はこちらからご確認を⇒コンサル生募集

 

★人気記事★

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
【完全版】金融政策を読み解き、スイングトレードを攻略する方法

 - 仮想通貨 , , , , , , ,