StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

FXで破産・借金はありえるのか

      2016/01/27

これ聞かれると正直めんどくさい

FXやってると

「破産したりしないの?」
「借金する可能性もあるんでしょ」

こういう話、耳が腐るほどよく言われます。

僕なんかはもうこういう類の質問に、いちいちまともに答えるのが面倒なので、初めて会った人とかには、「株みたいなのやってるよー」ぐらいのことしか言いません。
その質問してきた時点で知識ゼロなのが分かっちゃうので、それ以上話す気が湧かないんですよね。

ある程度実績を出してる人とかにこういう質問するのは基本ウザがられるので、辞めておいた方が無難です。

スポンサードリンク

 

けど事実、可能性はゼロではない

FXで借金を背負うことは基本的に無いと思ってもらって大丈夫です。

国内のFX証券口座では、ゼロカット(強制)決済という機能がデフォルトで設定されています。
ゼロカット(強制)決済とは、持っているポジションのマイナス金額が口座残高を下回る前に、自動的にマイナスが確定されるという機能です。

つまり、口座残高がマイナスになることはルール上はあり得ないわけです。

ですが、ごく稀に、ゼロカット(強制)決済が機能せず、ポジションのマイナスが口座残高を上回り、口座残高がマイナスに転じるというケースがあります。

それは、その通貨が一瞬のうちに(ゼロコンマ何秒とかの世界)急騰or急落した場合です。

たとえばこういうチャート。

img_33988dd0890921a99855f144afc57edc59848

これは2015年1月のスイスショック時のチャートです。

一分間でなんと16円(1600pips)の値動きを記録しました。16円下落した時点でのレートで強制決済され、口座がマイナスになったという方が居たようです。

僕も4年間のFXの経歴がありますが、これほどの値動きを見たのは唯一この日だけです。それくらい珍しい事象なので、過度に心配しなくて大丈夫です。

万が一このように、口座残高がマイナスになってしまうとマイナス分の金額を証券会社に支払わなくてはいけません。これを追証といいます。

 
★人気記事

 - FXとは, FXのデメリット