StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

FX口座のDD方式とNDD方式はトレードスタイルによって使い分けるべし

   

僕がFXを始めた頃は、ドル円のスプレッドを0.3で提供している証券会社なんて片手で数えるくらいしか存在しませんでした。

でも今では有名どころの証券会社はどこも低スプレッドを提供していますよね。

日本の証券会社が提供しているスプレッドは世界的に見ても「極狭」と分類されるレベルです。

10社以上の海外口座を持つ僕が知る限り、ここまでズバ抜けてスプレッドが安いのは世界中をみても日本だけです。

ところであなたは日本の大手の証券会社が何故“異常なまでの低スプレッド“でサービス展開できているか、真実を知っていますか?

今日は、僕達がFX会社に預けているお金が証券会社の内部でどのように循環しているのか、本当のところを書いていきます。

日本のFX業者に対して超クリーンなイメージを抱いている方や心臓の弱い方(笑)にとっては多少ショッキングな内容かもしれませんので、気分を害したくない方、疑心暗鬼に陥りたくない方は本編に入る前にソッとブラウザを閉じることをオススメします。

※ちなみに今回の記事で記述する内容は、世間でまことしやかに噂されているレベルの内容の話であり、確定事実ではありませんので事前にご了承下さい。

スポンサードリンク

DD方式とNDD方式いう注文発注形式の違い

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

DD、NDD方式とは何かというと「(証券会社が)顧客から依頼を受けた注文をどのような経路で買い付けているか」というFX業者内部の発注形式の違いです。

ここで言う「顧客」とは我々トレーダーのことです。

日本のFX業者のほとんどはDD方式を採用していますが、海外FX業者の多くはNDD方式を採用しています。

日本でCM広告などの大規模な宣伝活動を行っている証券会社はどこもDD方式だと認識して貰って構いません。

では、さっそく両者の違いについて見ていきましょう。

DD(Dealing Desk)方式

dd

顧客とインターバンク(やカバー先等、以下省略)の間をFX業者が仲介し、注文を捌いていくのがDD方式です。

顧客はインターバンクに直接注文を出すことは出来ませんが、国内の証券会社が提供する「低スプレッド」でサービスを受けることが出来ます。

一見すると顧客は純粋に低スプレッドを享受できるだけかのように見えますが、「安かろう悪かろう」これにはカラクリがあります。

カラクリの根源となっているのが“FX業者が顧客の注文を仲介する“という不可解なシステム。

現行の法律では証券会社が行っている“仲介“の取引内容を公開する義務は一切ありません。

これが何を意味するかというと、FX業者は顧客から受けた注文をインターバンクへ通していない可能性があるということなんです。

こういった行為を一般に“ノミ行為“と読んだり、「〇〇証券は注文を呑んでる」といった風に表現したりします。

個人投資家の90%は3ヶ月で退場すると言われていて、実は負け組トレーダーの注文は呑んでしまった方がFX業者は儲かります。

本来FX業者のキャッシュポイントは顧客からのスプレッド(手数料)のみですが、仮に注文を流さずに呑んでしまえば、顧客が負けた金額が丸々FX業者の利益になるという訳です。

日本の証券会社のほとんどが世界レベルでド定番のチャートソフト「MT4」を採用しないのも、こういった事実があるからなのかもしれません。

ノミ行為の本質的な問題は何かというと「顧客が負ければ負けるほどFX業者が儲かる」利益相反の仕組みが成り立ってしまうということ。

本来ゼロサムゲームであるはずのFX市場が、「顧客 VS FX業者」という最悪な構図に置き換わっていまうという問題です。

数年前までは顧客を負けさせるために「ストップ狩り」や「故意なスプレッド拡大」などを行う国内の証券会社が存在したようです。

今では露骨にストップを狩ってくるような悪質行為をする業者はめったに無いと思いますので、その点は過度に心配しなくても良いと思います。

あくまで想像上(一般にまことしやかに囁かれていること)ではありますが、仲介の取引内容が一切公開されないブラックボックス状態になっている訳ですから、疑心暗鬼になってしまうのも仕方ありませんね。

 

NDD(No Dealing Desk)方式

nddDD方式とは打って変わってシンプルな構図ですね。

インターバンク(やカバー先等、以下省略)が提示しているレートをそのまま顧客に流し、顧客から受けた注文はFX業者で手を加えずインターバンクに流す、これがNDD方式です。

DD方式のように顧客の注文に小細工が加えられることはありませんが、スプレッドが少し割高且つ変動性になります。

一般に国内のFX業者より海外のFX業者の方がスプレッドが高いのはこういった理由からです。

DD方式では注文が滑ったり、拒否されることがありますがNDD方式ではそういったことはほとんど起こりません。

というのもNDD方式を採用しているFX業者にとって、顧客からのスプレッドは唯一の利益です。

ですから、注文を通せば通すほど儲かるので滑らせる必要も無ければ、約定を拒否する理由もありません(スプレッド変動制だからね)。

こういった利益構造を取っている為、高速スキャルピングも禁止されていません。

DD方式を採用している国内の証券会社の多くは数秒間の決済を繰り返す高速スキャルピングを禁止しています。

 

結局DD方式とNDD方式、どっちが得なのか?

75b9cffbcb3eb8a2a9113ce53574b6c2_s

DD方式のメリットは「極狭」のスプレッドを享受できることです。

その代わり、FX業者内部の取引が公開されておらず不明確であるというデメリットが付いてきます。

一方NDD方式には約定が早く、注文が通りやすいというメリットがありますが、DD方式に比べるとスプレッドが割高です。

総合的に考慮して結局DDとNDDではどっちが得なのかと言われれば、僕はDD方式のFX口座を使った方がメリットは大きいと思います。

何と言っても国内業者の低スプレッドは一度使ってしまうとありがたすぎて離れられません。

スプレッドコストは収益に直接関係してくる必要コストですから、やっぱり安ければ安いほど良いんです。

もちろん、もしかしたらDD方式の業者は僕が出した注文を呑んでいるかもしれません、事実確認が取れない以上可能性はあります。

でも僕は自分がトレードで出した損失が、その後どうなるかは正直どうでもいいんです。

トレードで負けるのは他でもない自分です。

自分が負けた金額が証券会社の利益になっていたとしても僕は構いません、だって負けは負けですから。

以上の理由で、僕はDD方式のFX業者をありがたく使い続けます。

前半で散々Disってしまいましたが、日本の証券会社の低スプレッドは最高です。

僕がオススメする国内のFX業者を以下のページでランキング形式で紹介してますので、是非口座選びの参考にしてみて下さい。

国内FX業者のオススメランキング

ちなみに、高速スキャルピングを手法としているタイプのトレーダーさんには僕はNDD口座を推奨します。

スプレッドはどうしても高く付きますが、何と言ってもNDDは滑らないのでスキャルをしやすい環境です。

日本の証券会社の多くは高速短期売買を禁止しているので、下手したら口座凍結なんてこともあり得えるので注意してください。

 

コンサル生絶賛募集中

コンサル企画やってます!

僕が実際にエントリーしたポジションのテクニカル解説や月一回の対面コンサルなど、ガチで常勝トレーダーを輩出すべくがんばってます!

詳細はこちらからご確認を⇒コンサル生募集

 

★人気記事★

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
【完全版】金融政策を読み解き、スイングトレードを攻略する方法

 

 - FXトレンドネタ, FX口座について, 初心者にオススメのFX会社ランキング , , , , , , , , , ,