StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

「チキン利食い癖」の治療法を2つ教えます

   

 

FX初心者がとにかくやりがちなのが「チキン利食い」。

「チキン利食い」というのは、ポジションに利益が乗ると小額でもすぐに確定してしまいたくなってしまう、まぁいわば病気のことです。

この「チキン利食い」が悪癖として染み付いてしまっている場合は、早めに矯正的に治療する必要があります。

この記事では「チキン利食い癖」を克服するのに有効な方法を2つ紹介してみます。

当初バリバリのチキン利食いマンだった僕も、以下で紹介する方法で完全に克服しました。

1つは精神的な側面から、もう1つは手法的側面から紹介してみます。

スポンサードリンク

「チキン利食いする度に成功から遠ざかっている」ことを自覚する

e026f50e8271d95d121899c08b1925ee_s

FXで安定して勝ち続けている、いわば常勝トレーダーと呼ばれる人達は「チキン利食い」をしません。

何故か。

それは、チキン利食いをすることで最終的に手元に残る利益が減ることを知っているからです。

「チキン利食い」はその時々の単独のポジションで見れば、(小額ではあるものの)プラスで確定できて、マイナスに転じることも回避できるわけですから、有効な選択かのように思えます。

しかし、一ヶ月、半年、一年とスパンを定めて振り返ったときに、残るのは「損失」だけです。

僕の経験則からもこれは断言できます。

FX初心者がチキン利食いを繰り返してしまうのは、チキン利食いを繰り返すことで、トータルで負けるという原則を知らないからです。

自分に不利益な結果しかもたらさないということを知らないが為に、チキン利食いをしてしまうのです。

人間というのは精神構造上、自分に対してマイナスな結果をもたらす行動を無意識に回避するようにプログラムされています。

つまり、知っているのと知っていないのでは大違いというわけです。

まずは「チキン利食いをする度に成功から遠ざかっている」ことを自覚すること。

そこからです。

 

SL(ストップロス)をうまく活用する

5bb2fa3c3ad21e8bd165f14de2f3194f_s

「チキン利食い」の治療法にストップロスを使うというのは、多くの先人が言い伝えてきたことです。

そもそも、なぜチキン利食いをしたくなるのか。

それは、利益が乗っているポジションがマイナスに転じるのが嫌だから。

それを恐れての回避行動が「チキン利食い」いうわけです。

では、この「マイナスに転じる」「プラマイゼロ(トントン)で終われる」であればどうでしょう。

精神的な負担がだいぶ違うはずです。

この心理構造を利用して「チキン利食い癖」を治療します。

ポジションにある程度利益が乗ってきて、チキン利食いしたくなったら、SL(逆指値)を建値に置きましょう。

建値に指値を置くことで、最悪のケースでもプラスマイナスで終われるという状況を作り出すことが出来ます。

「マイナスをくらう」という精神的不安から開放されるので、「利益を伸ばす」という方向に思考をシフトしやすくなるわけです。

 

★人気記事★

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
シンプルだけど簡単に稼げるFX手法

 - FX心理(メンタル), 初心者のためのFXノウハウ