StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

経済指標発表時はトレードしない方が良い?

      2016/01/27

スポンサードリンク

経済指標とは

経済指標とは主要各国が定期的に発表する「経済に関連する統計」のことです。

重要な経済指標発表時には相場が荒れる(大きく動く)ことがよくあるので、発表のスケジュールを事前に知っておく必要があります。

重要な指標発表があることを知らずにポジションを持ったままにしていると、痛い目に合うことがあるので注意してください。

経済指標発表のスケジュールは以下のようなサイトで事前に確認することが出来ます。

FX | 経済指標 | マーケット情報 | 楽天証券(旧FXCMジャパン証券)

経済指標発表カレンダー-みんなの外為

基本的に【重要】マークが付いている経済指標は為替レートも大きく動く可能性があるので注意が必要です。
【重要】マーク以外の指標については10pips未満の動きに収まる可能性が高いです。

ちなみにみんなの外為の指標発表カレンダーでは、過去の指標発表時にどのくらいPIPSが変動したかを確認できるので便利です。僕も重宝してます。

 

経済指標発表時はトレードしない方が良い?

僕の持論ですが、重要な経済指標発表時にはトレードは控えるのが無難です。

基本的に、発表される指標の結果を事前に予測するのは不可能に近いです。

デイトレーダーのような10pips~30pipsくらいを利益確定の目安にしているトレーダーにとっては、指標発表で100pipsとか逆行されるとまじで痛手になります。
下手すると数日分の利益を吹っ飛ばしかねないので。

うまいこと利益方向に伸びたとしてもそれはただのラッキーでしかないので、次も狙おうなんて思うのはご法度です。

ギャンブル感覚でFXやってる人だったら別にいいと思いますけど、僕のブログ見てる人にそういう人はいないと思うので。

 

発表後にトレードするのはあり

上にも書いたとおり、指標発表直前、直後はトレードは控えたほうが良いですが、指標発表後にテクニカルを見てポジションを持つのはアリです。

指標発表後のトレードは、指標発表で動いた方向とは逆方向のポジションをもつことになるので、基本逆張りになります。

指標発表後のトレードのコツ・流れ

①指標発表前にチャートにラインを引く

最低1時間足以上のローソク足を見て、上下それぞれ重要と思われるところにラインを引いておきましょう。
5分足・15分足などの短期のテクニカルは無視して突破されることがほとんどなので、最低でも1時間足以上でチェックしましょう。
ポイントは、誰が見ても重要と思われる所にラインを引くことです。


②事前に引いたラインに到達したら、躊躇無くポジションを持つ

事前に引いたラインに到達したら、迷わずにポジションを持ちましょう。
重要なラインでポジションを持っているので、到達したら一時的に反発するケースが多いです。
予想に反してラインを突破してしまった場合には、リスクを限定して損切りをすればよいので過度に恐れることはありません。


③テクニカルを見て利益確定する

順当に利益が出始めたら、利益確定のポイント決めましょう。
僕の場合はテクニカルを見つつ、20~30pipsくらいで利益確定することが多いです。
ポイントは欲張りすぎないことです。
あくまで指標発表後は値動きが荒れているので、ある程度利益が出たら欲張らずに利益を確定してしまいましょう。

 

人気記事

 - 初心者のためのFXノウハウ