StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

FX初心者にオススメの‘‘シンプルで稼ぎやすい相場パターン’’

      2016/01/27

スポンサードリンク

シンプルかつ普遍的なパターンを学ぼう

この記事では、FX初心者でも実践トレードで使える「シンプルで高勝率を狙える相場パターン」を紹介していきます。

最近書いたこの記事(⇒シンプルで簡単に稼げるFX手法)にけっこう反響がありまして、「初心者にオススメの分かりやすい相場パターンを他にも教えて欲しい!」ということでご意見をいただいたので、リクエストにお応えして書いてみようかなと。

基本的に僕がこのブログで紹介する相場パターンってのは、普遍的で、経済情勢や通貨ペア問わず通用する手法です。

これはあくまで僕の考え方だけど、一時的に稼げる手法を追い求めるよりも、どんな時代でも普遍的に通用するような手法や稼ぎ方を追及したほうが良いと思ってます。これはもちろんFXに限らず。

販売されてるシステムやインジケーターなんかを導入して、「シグナルが出たらクリック!」みたいなのって確かに楽だし簡単だけど、ナンセンスだし自分のスキルアップには繋がらない。

もし稼げたとしてもそれって一時的なもんだよ?それで満足なの?って思ってしまうのです。

 

超王道パターン

ライントレード

水平ラインが機能しているチャート

レンジ斜めラインが機能しているチャートline

ライントレードでよく使われるのが、水平線斜めライン

何度もサポート・レジスタンスされているようなラインは多くのトレーダーが意識している為、継続して機能する確立が高いので、ラインに到達したらポジションを入るというのは有効な手法です。

逆に、こういった重要且つ機能しているラインは、上下にブレイクすると損切り注文を巻き込んで加速していきます。

この現象を狙ってトレードする手法を「ラインブレイク狙い」って言ったりします。

 

押し目買い・戻り売り

安値と高値を切り上げ、上昇トレンド中のチャート(押し目買いを狙う)
jyouge1
高値を安値を切り下げ、下落トレンド中のチャート(戻り売りを狙う)
jyouge2

押し目買いというのは、上昇トレンドが出ているときに安いところで買い、高いところで売却し利益を出す手法です。

戻り売りはその逆で、下落トレンド中に高いとところで売り、安いところで買い戻すことで利益を得る手法です。

トレンドが発生しているかどうかの判断基準としては、上昇トレンドの場合は画像のように安値高値をそれぞれ切り上げているか、下落トレンドの場合は安値高値をそれぞれ切り下げているかに着眼して判断してください。

押し目買い・戻り売りの精度を上げる手段として、フィボナッチリトレースメントというテクニカルツール使う方法があります。

使い方はこの記事で解説してますので、参考にしてみてください。

 

深堀りして精度を上げていく

上記で紹介した手法は、あくまで「教科書的に機能したケースの例」です。

水平線一つを取っても、もちろん機能するケース機能しないケースがあります。

どういう状況で機能して、逆にどういう状況であれば機能しないのかは、あなた自身がトレードを重ねて検証していくしか方法はありません

 

勝っているトレーダーはなにも特別なことをして勝っているわけではありません。

上記したような、シンプルで誰もが知っているような手法を、精度を上げて活用出来ているから結果として勝ててるわけです。

安定して勝っていくためには、それなりの経験と検証データが必要です。

 

人気記事

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
元手10万円を月利20%で運用すると大変なことになる

 - 初心者のためのFXノウハウ, 実践トレード術 , , , , ,