StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

【トレード手法】レジサポライン・レンジをブレイクすると値が走りだすメカニズム

   

重要なレジスタンスライン、サポートラインを一旦ブレイクすると、ひとたびレートが走り出す。

相場の世界では代表的なプライスアクションの一つです。

あなたはこの現象が起こるメカニズムをちゃんと理解できていますか?

実はこのメカニズムを知っておくことで、有利にトレードを進めることが出来たりします。

現象を現象として理解しているだけでは、ダメです。

不利なレートで飛びついたり、ダマシで刈られたりを防ぐためには、現象のメカニズムを押さえておく必要があります。

現象のメカニズムを理解した上で効率よく稼ぐ、これが我々個人トレーダーが取るべき‘‘弱者の戦略‘‘です。

スポンサードリンク

レジサポ、レンジブレイクで値が走るカラクリ

rejisapobreak

上記画像例のように、強力なサポートラインは一旦ブレイクすると、レジスタンスラインに姿を変えます。

サポートラインでの【買】ポジションの多くは、ブレイク後再度ラインまで戻ったところ、つまりは建値で損切りされます。

【買】ポジションの損切りは【売】注文ですから、レートは下落していきます。

更にはレジスタンスラインを待ち構えていたトレーダーの新規の【売】も投下されます。

損切りの【売】と新規の【売】が合わさって急速に下落していく、これがラインブレイクで値が走るカラクリです。

もちろんこれは教科書的なケースです。

ラインブレイク後、再度ラインまで戻ることなく走り出してしまうケースももちろんあります。

 

狙い撃ちが基本、決して飛びつかない

ec82db599d309eab0d2b3fa0ea6db364_s

エントリーポイントは、基本的にブレイク後の戻りです。

初動のブレイクを見送り、再度ラインまで戻ってきたところを狙い撃ちです。

先ほどの画像例ですと、赤矢印【レジスタンスライン】の位置がエントリーポイントとなります。

ブレイクした瞬間のエントリーは、ダマシに嵌まる可能性がありますので避けた方が無難です。

ヒゲで一瞬抜けてから再度レンジ圏内にレートが戻ってしまうなんてことは日常茶飯事です。

確立を上げていくためには、やはりセオリーどおりレジスタンスラインまでの反発を待ってのエントリーが良いでしょう。

もちろん少しも反発せずにガンガン下落してしまうケースもあります。

僕の場合、そういったケースではエントリーはひとまず見送ります。

トータルでの勝率を上げていこうと思った場合、不利なチャートパターンでのエントリーを見送る勇気も必要です。

ちなみに利益確定のポイントは上位足のレジスタンスライン、サポートライン、ダウの押し目、戻りを目安にしましょう。

 

コンサル生絶賛募集中

コンサル企画やってます!

僕が実際にエントリーしたポジションのテクニカル解説や月一回のスカイプコンサルなど、ガチで常勝トレーダーを輩出すべくがんばってます!

詳細はこちらからご確認を⇒コンサル生募集

 

★人気記事★

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
【初心者必見!】リスクリワード1:2は本当に正解なのか

 - 初心者のためのFXノウハウ, 実践トレード術 , , , , , , , , ,