StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

【Q&A、質問返し】トレードノートは付けてますか?

   

僕は以前に【質問募集】の記事を出していました。

数ヶ月間の間に、僕のもとにはさくさんの質問が届いています。

質問をくれた皆さん、ありがとうございます。

今回は頂いた質問の中から、多くの読者に共通して参考になりそうな質問を5つピックアップして回答してみようと思います。

スポンサードリンク

Q1 トレードノートは付けていますか?

やはり、勝ち続けているトレーダー様は日々のトレードノートなどつけているのでしょうか?

自分自身、fx歴1年をすぎ、ここ数ヶ月プラスを出せるようにはなったもののまだまだ反省点ばかりです。

そこで勝っているトレーダー様はトレードノートをつけているのか?つけているのであればどのような点に注意してつけているのか気になり、質問させていただきました。

(KYさん、20代、福島県在住)

僕は月間の収支が安定してプラス収支になるまでは、全てのトレードを記録していました。

デイトレード、スイングトレードをメイン手法としている初心者の場合、トレードノートはマストで付けるべきです。

トレードノートを付ける目的は人により様々ではありますが、一番重要なのはメンタルの制御が効かなくなるポイントを客観的に把握することです。

①損切りルール、②利確ルール、③エントリーの条件を書き出し、ルール通り行えた項目には◯、ルールから外れてしまった項目には☓を付けます。

☓が付いた項目を洗い出し、何故ルールから外れた取引をしたのか、原因(当時の心理状態)を書き込みます。

「レートが急反転して怖くなりチキン利食い」、「1H足でSLを入れたが、4H足の抵抗線まで損切りを引き伸ばしてしまった」、「衝動的にエントリーしたくなり、エントリーのルールを無視してしまった」といった感じで。

この様に言語化し把握することで、次に同じ局面が訪れた時にメンタルをコントロールできるようになります。

一ヶ月間の取引全ての項目に◯が付けば合格となりますが、収支がマイナスの場合は手法の期待値自体を見直す必要があります。

 

Q2 ポジション保有時のメンタルコントロールについて

エントリー時やポジション保有時のメンタル管理についてお聞きしたいのですが、メンタル面で特に意識しされてることはありますか?

私はポジションを持っていると評価益、評価損が気になり、本来の正しいトレードが出来ません。

メンタルコントロールに関してのアドバイスがありましたらお願いします。

(HKさん、30代、千葉県在住)

ルール通りに取引を行うべきだと分かっていても、評価損や評価益にメンタルが揺さぶられてしまうのは初心者時代にはよくあることです。

まずは利確と損切りのマイルールを明確にして、紙に書いて見える所に張り出しましょう。

以下の記事を参考にして、まずはマイルールを作ってみて下さい、

【FX初心者必見】資金管理はロットを加減することでルール化できる

利確の場所は反対売買を先回りして予想すれば簡単に見えてくる

損切りに関しては、一度入れた逆指値を絶対に動かさずにルール通りスパスパ切ればいいだけです、そこまで難しい話ではありません。

問題は利確の方ですよね。「含み益が含み損に転換してしまう恐怖」は、単に含み損の状態よりも心理的に負荷がかかるというのは有名な話です。

このトレーダー特有の心理構造が、少しでも利が乗ってくると「リグいたくなる病」を誘発する要因です。

対策として、ある程度利が乗ったら建値(エントリーしたレート)に逆指値を置き、チャートを一切見ないようにして下さい。

ルール通りの指値に掛かるか、プラマイゼロで終えるかの2択の状態を強制的に作り出す訳です。

強制的にチャートから意識を外すことで後から結果を見た時に、道中干渉することが一切の無駄であるということが深層心理レベルで腑に落ちる様になってきます。

 

Q3 指標時のトレードについて

指標時のトレードについて質問です。

坂本さんは指標発表時にポジションを持っている場合、そのポジションは閉じますか?

又、エントリーを避けている、注視している経済指標などがありましたら教えて下さい。

(MNさん、40代、富山県在住)

基本的にポジションを持った状態で避ける指標は米雇用統計のみです。(ポジションを閉じます)

が、政策決定の決め手となるような指標や会合(→【参照】金融政策を読み解き、スイングトレードを攻略する方法)は荒れる可能性があるので同様にポジションを解消します。

スクエア(ノーポジ)の状態で数分後に大きめの指標(米GDP等)が控えている場合は念のため発表後までエントリーを見送ります。

経済指標の過去の変動幅は以下のサイトでチェック出来ます。

FX経済指標発表一覧【リアルタイム反映】みんなの外為

 

Q4 ポジション操作について

ポジション操作などはしますか?(思った方向に逆行したらナンピンする、思った方向に行けばポジションを増やすなど)

もしするのであれば、ポイントなどはありますか?

また、勝ってるトレーダーの履歴とかを見ると、大きく取れてる時ほどロットも大きく、逆に損切りしてる時はロットが小さいことが多い気がしますが、ロット大きく張るときには何か根拠があるのでしょうか?(もちろん色んな考え方があると思いますが、坂本さんの場合で結構です。)

(グッチさん、20代、福島県在住)

建玉操作に関しては別記事で解説してますので、参考にしてみて下さい。

トレードの利益を最大化するポジションコントロールの極意

ポジション操作の基本として、「コツコツドカンの逆をやる」というのが原則です。

コツコツ損切りしてドカンと利確できるようなポジション操作であれば何でもOKです。

例えば、3回以上のナンピンはどう考えても損切りが大きくなります(コツコツドカンの典型)から論外です。

逆をやるというのは、利が乗っているポジションにポジションを追加していくやり方です。

利益方向に伸びていけばドカンと利確、逆行すれば早期撤退。

手法が完璧でなくても、これだけ出来れば十分利益を出せたりします。

Q5 週末のポジション持ち越しについて

僕はスイングトレーダーなのですが、坂本さんは終末にはポジションは閉じますか?

土曜日朝のクローズ前に閉じるべきか、翌週まで持ち越すべきか、坂本さんの意見をお聞かせ下さい。

(KYさん、30代、宮城県在住)

「念のため週末にはポジションを閉じましょう」というのが教科書的ですよね。初心者用のFX教則本なんかにもよく書かれていることだと思います。

ですが僕の場合、週跨ぎでポジションを持ち越すことは良くあります。

大抵のトレーダーが週末にポジションを解消する理由はご存知の通り、週明けの窓空けが怖いからです。

週明けに大きく窓空けして含み益が含み損に転換するのは確かに嫌です。

でもこの部分のリスクってある程度回避できるんじゃない?、というのが僕の考え方です。

週末に起こりうる為替に影響を与える事柄といえば「中国の指標」、「重鎮発言」、「テロ」くらいでしょう。

中国指標、重鎮発言に関しては事前に把握できますから、重要度が高いものが控えている場合は週末にポジション解消すればリスクを回避できますよね。

問題はテロです、これは予測のしようがありません。

2015年のパリ同時多発テロ事件の際は、週明けに大きく円が買われた記憶があります。

が、最近では小中規模のテロが起こっても為替相場に影響を与えにくくなってきています。

というのも、テロが起きすぎてるわけです。その分投資家心理に与えるインパクトがどんどん少なくなってきています。

これはテロが起きた週明けの値動きを見れば明らかです。

2016年6月に起きたトルコの空港襲撃テロ事件では41人の死者が出ましたが、週明けの為替に全く影響が出ませんでした。

つまり、よほど大規模なテロが起きない限りマーケットは荒れません。

こういう現状を踏まえると、現状では週明けに大きく窓空けする確率よりも、週末に閉じたポジションが週明けにトレンド継続する確率の方が高いと感じています。

いずれにしてもSL(逆指値)を入れている訳ですので、リスクは限定出来ます。

 

コンサル生絶賛募集中

コンサル企画やってます!

僕が実際にエントリーしたポジションのテクニカル解説や月一回の対面コンサルなど、ガチで常勝トレーダーを輩出すべくがんばってます!

詳細はこちらからご確認を⇒コンサル生募集

 

★人気記事★

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
【初心者必見!】リスクリワード1:2は本当に正解なのか

 

 - 初心者のためのFXノウハウ, 質問募集 , , , , , , , , , ,