StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

2、3、8、9月はレパトリでFX相場が大きく動く!?

   

2〜3月、8〜9月はレパトリエーション(以下レパトリ)によって為替が突発的に急変動する可能性が高まります。

レパトリで為替が動く直接的な要因は、日本企業の決算の関係です。

僕達トレーダーは投機的な値動きだけではなく、こういった実需による特徴的な値動きにも気をつけて売買をする必要があります。

スポンサードリンク

レパトリエーションって何?

レパトリエーション(Repatriation)は日本語で「国内に戻る・帰還する」という意味。

外国にあるものが、国内に戻ってくるといったニュアンスですね。

金融の世界で使われる意味合いとしては、「海外からお金を本国に戻す」ことを示します。

このレパトリを引き起こすのは「企業」です。

例えば、海外に支店を有している日本企業は、現地での利益を計上する際に、現地通貨(ドルなど)を自国通貨(円)に両替する必要があります。

日本企業の場合、3月が期末決算、9月が中間決算になりますので、2月〜3月、8月〜9月は外貨を売って円を買う取引が活発化する傾向があるわけです

こういった取引は企業と契約を交わしている大手銀行などが、インターバンク市場を介して取引を成立させていますので、もちろん為替相場にもダイレクトに影響を及ぼします。

他にも機関投資家による米国債の買い戻し、海外企業買収時の外貨実需などがありますが、分かりやすく為替相場に関与するのは、上記した企業決算時期の自国通貨買い戻しです。

こういったレパトリのような実需は、投機的(テクニカル)な値動きとは違い、突発的に為替相場に影響を与えるので注意が必要です。

僕達は必ずしもクロス円だけを売買するわけではないので、大国アメリカ企業のレパトリ時期についても同様に頭に入れておく必要がありますね。

アメリカ企業は12月が決算時期に当たるので、11月〜12月に自国通貨の買い戻しが活発化します

このとき起こるのは、外貨(円やユーロなど)を売って、ドルを買うという動きになります。

 

レパトリで為替は円高、円安どっちに動く?

日本企業が利益計上の為に円を買い戻すということは、市場では「外貨/円」通貨ペアのショートポジションをオーダーしているということになります。

外貨を売って円を買う、つまりクロス円相場では「円高」が進みます。

2月〜3月の期末決算の時期、8月〜9月の中間決算の時期は、レパトリによってクロス円相場は円高に進みやすいと覚えておきましょう。

ちなみにアメリカ企業の場合は、12月が決算時期なので11〜12月はドル高に振れやすくなります。

では、実際に直近一年分のドル円のチャートでレパトリ時期の値動きを観察してみましょう。

2016年ー2017年 ドル円レパトリ期間のチャート

3期全てで、見事に円高が進行していることが分かります。

どちらかというと、中間決算時期よりも期末決算の時期のほうが、顕著に谷底が発生する傾向が見て取れますね。

 

【まとめ】レパトリ時期のトレードをどうするか

先程の過去一年分のドル円チャートでは、レパトリ期に分かりやすく円高が進行していますが、これは必ずしも毎回そうなるとは限りません。

毎年決まった時期にレパトリによる偏った取引が活発化することは、資金力のあるプロの市場参加者は当然織り込み済みです。

ですので、例えばファンダメンタルズ要因で大きくクロス円が上昇に振れる材料があれば、投機的なポジションが実需ポジションの出来高を大きく上回り、レパトリなど構わず上昇していくこともあります。

あくまでレパトリ時期はクロス円の上値が重くなりやすい(ドルストは11月〜12月にドル高傾向)、程度に認識しておくのが良いでしょう。

とは言っても、レパトリ期は特にクロス円チャートで突発的に大きな陰線が出やすいというのもまた事実です。

長年、短中期のポジションを張っているトレーダーにとっては、レパトリの時期に一瞬でロングポジが狩られるというのはあるあるです(笑)

この対策として、ロングポジションを持つ時は通常相場時よりもストップロス(逆指値)を深め(広め)に設定しておくことを推奨します。

エントリーのロットに関しても、普段よりも少なめにしておくことでリスクヘッジが出来るでしょう。

 

コンサル生絶賛募集中

コンサル企画やってます!

僕が実際にエントリーしたポジションのテクニカル解説や月一回の対面コンサルなど、常勝トレーダーを輩出すべくがんばってます!

詳細はこちらからご確認を⇒コンサル生募集

 

★人気記事★

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
【完全版】金融政策を読み解き、スイングトレードを攻略する方法

 - FXトレンドネタ, 初心者のためのFXノウハウ , , , , , , ,