StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

トレード時のハラハラドキドキを解消する方法

      2016/01/27

スポンサードリンク

 

トレード時のドキドキはマイナスしかもたらさない

 

ポジションを持っているときや、利食い損切りをする際に、鼓動がドキドキしてしまう人は、自分のメンタルをうまくコントロールできていない可能性が高いです。

トレードに‘‘スリル‘‘的な要素が入ると、正しい判断が出来ず、結果的にトレードの成績を著しく低下させます。

スポーツ選手などとは違って、アドレナリンを出しまくっても、パフォーマンスは上がりません。

パフォーマンスが上がるどころか、冷静な思考が出来ない状態になり、最も取るべきでない行動を取ってしまう事さえあります。

それほど、精神の乱れはトレードの成績に大きく起因しているんです。

 

プロもアマも同等のリスクにさらされている

 

大手ヘッジファンドのトレーダーも、マンションの自室でトレードをしている個人トレーダーも、駆け出しのひよっこトレーダーも、FX市場という同じフィールドで戦うという点においては、みな同等のリスクを背負っています。

にもかかわらず、トレードにスリルをまったく感じない人もいれば、常にドキドキがとまらないタイプの人がいるのは、両者の考え方に決定的な違いがあるからです。

常勝トレーダーは‘‘確実‘‘‘‘‘絶対‘‘が無いことを精神レベルで知っています。

「確実で絶対」が無いことを知識として知っているだけではなく、精神レベルでそれを受け入れているわけです。

確率的には利益が上がる可能性が高いが、可能性として逆に行くこともあることを分かっているので、どちらに転んでもよいように、事前に利食いと損切りの位置を決めることで、大損を回避しています。

だから常勝トレーダーはポジションに含み損を抱えていても動揺しないわけです。

そうなることを可能性として事前に予想できているし、そうなったときの対策を事前に取っていて、リスクを最小限に抑えられることを知っているから。

敗者は自分のポジションに過度に期待をしすぎます。

期待が高すぎるため、盲目的になり、逆行したときの対策を事前にとりません。

だから思惑とは逆の方向に動いたときに初めて、動揺してドキドキがとまらなくなるという訳です。

‘‘絶対や確実‘‘がないことを知識としてはもちろん知っていても、行動レベルでそれを受け入れられていないのが、負け組トレーダーの特徴です。

 

確実を求めない

 

口酸っぱく言いますが、FX相場の動きに‘‘確実‘‘なんてものはありません。そんなものは幻想であり、負け組トレーダーが自己擁護のために創り上げた妄想でしかありません。

「何が起きるか分からない」ことを受け入れるということは、「何が起こっても問題ない状態」を作り上げるということです。

予想していないことが起きるからドキドキするんです。

そうなることを可能性として事前に予想できていれば、焦ることも無く冷静に対処ができるわけです。

FX相場の動きは上がるか、下がるか、横ばいの3つだけです。

この3つの可能性は常に存在し、1つとして可能性の域から除外されることはありえないわけですから、それぞれそうなったときのアクションを事前に決めておくことが重要です。

これさえ出来ていれば、トレード時のドキドキは劇的に解消されるはずです。

もしそれでもドキドキがとまらないという場合は、ロットが大きすぎる可能性があるので、それはそれで対策が必要になってきます。

以下の記事等を参考にしてみてください。

FXで9割の人が負ける理由

元手10万円を月利20%で運用すると大変なことになる

 

人気記事

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
元手10万円を月利20%で運用すると大変なことになる

 

 - FX心理(メンタル), 初心者のためのFXノウハウ , , ,