StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

元手10万円を月利20%で運用すると大変なことになる

      2016/08/08

投資の最大の魅力は複利です

投資の世界に参入してくる相場初心者は大抵、凄腕トレーダーのサクセスストリーをネットや書籍から得た上で参入してきます。

右も左も分からない初心者時代の僕も、例外ではありませんでした。

超初心者時代、僕が特に影響を受けたのが株式トレーダーで有名なBNFさん。

元手160万円から投資を始め、現在では資産数百億超えの天才トレーダーです。

彼の様な【超天才級】のトレーダーの成功例を見て、「自分にも出来る」となんら根拠の無い自信だけを引っさげてFX投資を始めました。

そんな知識も経験も無い初心者トレーダーに待ち受けているのが「口座強制ロスカット」、通例儀式と言っても過言では無いでしょう。

現実と理想、そして確かに存在する成功例とのギャップに絶望を感じつつ、口座を何度破産させても地の底から這い上がってここまでやって来ました。

今では【資金管理】という絶対遵守のルールで口座を武装しているので、口座を破産させるなんてことはまず起こり得ません。

FXを始めてから4年弱、僕は【守る】ことを覚えてしまいました。

「BNFさんのように数年で数百億稼ぐぞ!」といったある意味夢物語のような妄想をすることはめっきりなくなってしまった訳です。

が、本来投資の魅力は【複利】のはず。

複利取引というのは、儲かった利益を証拠金に組み込んでロットをどんどん上げていく取引のこと。

今回は複利の魅力、凄さを「実現可能な現実的なレベル」で考えてみましょう。

ここで問題。

たった10万円の元手を月利20%で運用すると、2年後にいくらまで増えると思いますか?

スポンサードリンク

ではさっそく答えあわせをしてみましょう。
エクセルで簡単な複利表を作ってみました。

※年度切り替えの税金計算等は省いた、純粋な証拠金の数値です。

1年目 1ヶ月目 10万円 12万円
2ヶ月目 12万円 14.4万円
3ヶ月目 14.4万円 17.2万円
4ヶ月目 17.2万円 20.7万円
5ヶ月目 20.7万円 24.8万円
6ヶ月目 24.8万円 29.8万円
7ヶ月目 29.8万円 35.8万円
8ヶ月目 35.8万円 42.9万円
9ヶ月目 42.9万円 51.48万円
10ヶ月目 51.48万円 61.7万円
11ヶ月目 61.7万円 74.1万円
12ヶ月目 74.1万円 88.9万円
2年目 13ヶ月目 88.9万円 106.7万円
14ヶ月目 106.7万円 128万円
15ヶ月目 128万円 153万円
16ヶ月目 153万円 184万円
17ヶ月目 184万円 221万円
18ヶ月目 221万円 265万円
19ヶ月目 265万円 318万円
20ヶ月目 318万円 381万円
21ヶ月目 381万円 457万円
22ヶ月目 457万円 548万円
23ヶ月目 548万円 658万円
24ヶ月目 658万円 789万円

 

なんと1年目終了時点で10万円の元手が88万円になる計算です。

2年間続けると789万円にまで膨れ上がります。たったの10万円スタートですよ、これって凄くないですか?

 

元手10万円を6億に増やした凄い人

今は消息不明ですが、過去に10万円の元手を6億にまで増やしたGFFさんというとトレーダーがいました。
彼もこの複利の力を使って、短期間で爆発的に元手を増やしてます。

まぁ当時はレバレッジの規制が緩く、300倍くらい掛けられたらしいので今とは多少状況が違いますが。それにしても凄い人ですね。

10万円を6億円にした為替トレーダーGFF氏インタビュー

 

現実はこうもうまくいかない

あくまでこの複利計算式は数字上の話で、実際やってみるとこううまくはいきません。

なせかというと、普通の人は金額にビビッて本来のパフォーマンスを出せないから。
元手10万円で始めて月利20%だと、一年間は多くても月間数十万とかの利益ですから、一日単位で見ると2、3万円くらいの利益確定をしていく計算です。

となると、一回の損切りも5千円とか1万円位なので、それくらの損切りはメンタルを鍛えればそんなに苦じゃないんです。

けどこれが月数百万単位の利益となると、話が変わってきますよね。
一日10万円くらいの利益確定をしていくわけですから、一回の損切りも5万円とかになってきます。

5万円の含み損を躊躇なくバシバシ損切りできる金銭感覚の人ってめっちゃ少ないんです。
たいていの人からしたら5万円って割と大金ですからね。

逆に言うと、5万円の損切りを、5000円損切りするのと同じ感覚で出来る人もいます。
そういう人はいい意味で金銭感覚がバグってるので、金額にメンタルを揺さぶられずに本来のパフォーマンスが出せるというわけです。

勘違いしないでもらいたいのは、僕は「月利20%という成績を残すのは難しい」と言っているわけではないということ。

月利20%という数字は僕にとって、鉄壁の資金管理を守った上で余裕で毎月達成出来るほどの難易度の低い数字です。

難しいのは月利のパフォーマンスではなく、トレードのロットが上がった状態での、メンタルのコントロール。

「知っている」ことと「出来る」ことは違います。

投資の世界では手法を「知っている」だけでは、勝ち組になれません。

手法を知った上で、メンタルのコントロールが「出来る」状態になって始めて、FXで稼げるスタートラインに立つことが出来ると考えて下さいね。

人気記事

 - FXとは, FXのメリット, 初心者のためのFXノウハウ