StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

デモトレードとリアルトレードどちらから始めるのが良いのか

   

この頃よく聞かれるのが「デモとリアルどちらから始めたら良いですか?」という質問。

または、「デモで検証することに意味はありますか?」という類のもの。

こういった質問に対しては僕は、白黒はっきりとした明確な答えは提示しないようにしています。

「デモはやらないほうがいいよ!」だとか「デモで十分に検証するべき!」といった意見は、発言者個人の経験から来る価値観ですので、質問者に当てはまるかどうかは未知数だからです。

その人の性格や知識量、資金力に依存してくる部分でもありますしね。

デモトレードにはメリットデメリットの両面性があります。

というわけで、今回の記事では「デモ取引」のメリットとデメリットについて書いてみようと思います。

スポンサードリンク

デモトレードのメリット

肩慣らしに使える

FXをこれから始めるという方の中には、どのような理屈で利が乗ったり損が出たりといった、FXの仕組み自体が良く分からないという方が多数います。

仕組みがいまいち分からないばかりに、「どれだけの損失が出る可能性があるのか分からないから怖い」といった感情がやはりあるのです。

完全初心者の方にとって、リアルトレードというのは経験者とは違い、かなりの抵抗があります。

銃の扱いも知らないのに戦場で戦ってこいと言われているのと同じようなことですから、そりゃ抵抗があるわけです。

デモであればロットの感覚だったり、トレード感覚だったりを体感的に実践することが出来るので、リアルに以降するまでの肩慣らしとしては有用なツールです。

手法の検証に使える

デモトレードは、新たな手法を検証する為のツールとしては非常に便利です。

新しく使ってみたい手法とかマスターしたい手法が出てきた時に、いきなりリアルで実践するというのは、当然資金を減らすリスクがあります。

その時点では新手法が富をもたらすかどうかは当然予測できないわけですから。

そういった意味では、デモでとりあえず実践するというのはデータも取れて資金が目減りするリスクを完全に回避できるわけですから、これはもうメリットしかありません。

新たな手法を取り入れる際はデモで検証するべきです。もしくはロットを限界まで下げてリアルで実践するかのどちらかです。

 

デモトレードのデメリット

時間を無駄に消耗する可能性がある

FX取引の本質的なゴールは「利益を生み出すこと」です。

もしかするとあなたのデモトレードはこの「利益を生む」という最終目標において、何の役にも立っていない可能性があります。

単に取引手法を確立しているだけでは勝ち組になれないのが、相場の難しいところです。

メンタルコントロールのノウハウというのは、時に手法そのものより重要です。

自分の大切なお金が掛かった戦いの中で、自分の精神をコントロールし、正しいことだけを実践する能力。

この能力はデモトレードでは決して養うことは出来ません。

デモで勝ちまくってた人が、リアルに移行した瞬間に負けまくるなんてのは良くある話です。

ごく稀に、デモ上の仮想マネーであっても、リアルの自己資金であっても、全く同じ心理状態でトレード出来る人がいます。

たいていこういう人は、かなりのお金持ちです。

ビット上で繰り広げられている10万円、20万円単位の含み益、含み損が10円20円くらいに感じるので、全く精神を揺さぶられないというわけです。

このぶっ飛んだ金銭感覚というのはある意味お金持ちであるが故の才覚です。

ですから大抵の人は、この上下動する含み益と含み損に感覚を慣らしていく作業が必要になります。

この作業はデモトレードでは実践できません。

メンタルコントロールのノウハウに関しては以下の関連記事を参考にしてみてください。

・「チキン利食い癖」の治療法を2つ教えます

・そろそろ‘‘損失‘‘に目を向けて自律したトレーダーになりませんか?

・トレード時のハラハラドキドキを解消する方法

 

コンサル生絶賛募集中

コンサル企画やってます!

僕が実際にエントリーしたポジションのテクニカル解説や月一回のスカイプコンサルなど、ガチで常勝トレーダーを輩出すべくがんばってます!

詳細はこちらからご確認を⇒コンサル生募集

 

★人気記事★

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
【初心者必見!】リスクリワード1:2は本当に正解なのか

 - FXのデメリット, FXのメリット, FX心理(メンタル), 初心者にオススメのFX会社ランキング , , , , , , , , , ,