StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

通貨の強弱が分かるインデックス「マタフ」でスイングトレードを制す

   

あなたは普段、トレードする通貨ペアをどのような条件に基づいて決定していますか?

売買の選択を迫られた時、とりあえず親しみのあるドル円やユーロ円、ユーロドルなどのメジャー通貨ペアで取引してしまっていませんか?

あなたはこれまで、取れたはずの利益を不要に取りこぼしてしまっているかもしれません、今日はそんなお話です。

スポンサードリンク

メジャー通貨ペアばかりトレードする日本人

例えば、何かしらの材料を元に「今後ドルが強くなる」と判断したとします。

そうなると当然、ドルのロングポジションを建てたい訳ですが、問題になるのは「クロスにどの通貨を選択するか」という点です。

株や商品などの金融商品をトレードする場合は、単に「トヨタ株が上がりそう」、「ビットコインが上がりそう」といった、トレード対象となる銘柄の材料だけ気にしていれば問題ありませんが(外貨比での円の変動はどうした、というツッコミは置いておいて)、FXの場合は単に「ドルが上がりそう」という通貨単体の材料だけでは最大効率の利益を得ることができない仕組みになっています。

これは、ドルを買いたければ必然的にいずれかの通貨をショートする選択をしなければならないという構造で為替市場が成り立っているためです。

日本人は島国特有の行動性質上からか、円主観で相場を見がちです。

日本国内のクロス円(ドル円やユーロ円など)が占める取引高の割合は正直異常です。欧米圏などのカントリーボーダー意識が薄い国々からすれば「日本人はなんで円ばかり取引してるの?why japanese people!」といった感じなわけで。

ドルの買い材料を根拠に、条件反射的に「USD/JPY」のロングポジションを立ててしまうのは安直すぎると言わざるを得ません。

仮にドルが買われる展開が来たとしても、それ以上に円が買われればポジションの利益はマイナスに転じていしまいますよね。USD/JPYよりUSD/CHFの方が儲かるのであれば、迷わずこっちを売買した方がいいわけです。

クロスの選択肢はドルストレート通貨ペアの数だけ存在します。

つまり、最も売られている(売られる可能性の高い)通貨をクロスにチョイスすれば、市場から最大の利益をゲットできます

 

通貨単体の強弱がパッと見で分かるインデックス「Mataf(マタフ)」

じゃあどうやって個々の通貨の強弱を判断するの?チャートをたくさん表示していちいち検証しなくちゃいけないの?という疑問にお答えしましょう。

過去記事でも通貨の強弱の判断方法については少し触れたことがありますが、もっと簡単に、視覚的に分かりやすく通貨の強弱を教えてくれるのが「Mataf(マタフ)」というインデックスです。

EUR,USD,JPY,GBP,CHF,CAD,AUD,NZD、計8通貨ペアそれぞれの売買傾向をパッと見で表示してくれる神ツール(しかも無料!)。

1分、5分、15分、1時間、4時間、24時間とティックの期間指定も出来るので、今日の売買傾向から今年の売買傾向まで、任意で指定した期間の傾向を一発で知ることが出来ます。

冒頭のスクショ画像では2017年2月〜現在(5月半ば)までの期間の売買比率が表示されています。現在最もロングとショート比率の乖離が発生しているのは、ポンド(緑)とNZドル(黒)です。3月にGBP/NZDのロングポジションを建てた人は最大利益を取れている、ということになりますね。

 

「Mataf(マタフ)」を用いた具体的な売買戦略

これは僕の個人的な見解ですが、Matafを軸に戦略を組み立てる方法は、スキャルピングや短めのデイトレードではあまり機能しない、、、と思います。参考程度にはなりますが、どちらかというとテクニカル分析の方を優先材料にした方が効率が良いでしょう。

Matafインデックスが真価を発揮するのは、スイングトレードや長期保有など、比較的長めのスパンでの売買です。期間が長くなればなるほど乖離差は顕著になるわけですから、当然といえば当然ですね。

僕のオススメは金融政策の転換期有事のイベントのに使う方法です。

直近の事例だと、仏マクロン氏の大統領当選や北朝鮮のミサイル報道などが有事のイベントに当たります。

緩和から引き締め、引き締めから緩和と、金融政策の転換、移行のタイミングでもMatafは重宝します。

具体例として、昨年のイギリスのEU離脱時のMatafチャートを見ていきましょう。

イギリスEU離脱決定〜2016年末のMatafチャート

イギリスのEU離脱が決定した2016年6月23日時点で、最も乖離が発生していた(買われていた)通貨はNZDでした。

年末時点での比率を見てみると、同じくGBPに対して最も買われているのはNZDですね。

離脱決定時点での初動を見て、GBP/NZDをショートを入れた人は最大の利益を得ているスマートなトレーダーということになります。

リスクオフ時には資源国通貨が買われやすいという特性があります(現に、年末時点でNZDに続いて買われているのはAUDです)ので、これを知っていればGBP/NZD、もしくはGBP/AUDのショートポジションを迷わず建てられたでしょう。

かくいう僕もこの方法で、GBP/AUDショートで大きく利益を獲得することが出来ました。

このように、一方方向に値が走る有事のイベントでは、Matafを軸に+aで値動きの特性等をうまく組み合わせることで無駄の無いトレードが出来ます。

もちろん、この手法は金融政策切替のタイミングでも応用が可能です(僕はこっちのほうが得意)。

長くなるので詳細までは書きませんが、金融政策ってのは究極に単純化して説明すると、自国通貨の総量を増やす(通貨安誘導)か減らすか(通貨高誘導)、ベクトルがどちらに向いているかという話です。

そのための具体的な施策が利上げだったりマイナス金利だったりするわけです。

ヒント)絶対量の増加→価値の希薄化 絶対量の減少→価値の高騰化

ここまでヒントを出せば、賢い人は金融政策の転換局面でMatafで利益を上げる方法が分かっちゃうよね?

そんな感じで、Matafインデックスは様々な場面で役に立ちます。

興味が湧いた人は是非ブックマークしておくことをオススメします。

Mataf(マタフ)

 

コンサル生絶賛募集中

コンサル企画やってます!

僕が実際にエントリーしたポジションのテクニカル解説や月一回の対面コンサルなど、ガチで常勝トレーダーを輩出すべくがんばってます!

詳細はこちらからご確認を⇒コンサル生募集

 

★人気記事★

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
【完全版】金融政策を読み解き、スイングトレードを攻略する方法

 

 - FXトレンドネタ, 実践トレード術 , , , , , , ,