StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

FXでトレードの上達が早い人の3つの特徴

   

僕はこれまで50人以上のコンサル生を指導してきた関係上、FXで上達しやすい人とそうでない人のタイプがすぐに分かってしまいます。

今日は、僕がこれまで指導してきた生徒さんの中で、特にトレードの上達が早かった方々の特徴を3つ厳選して紹介してみようと思います。

ここで紹介する3つの特徴は、生まれ持った先天的な才能や性格などの話ではなく、誰でも実践できるFXに取り組む姿勢の話です。

スポンサードリンク

1 情報収集を絶えず行う

07827ab1f227bce8a5c2cb447b3bd675_s

何事にも共通することですが、トレードの上達が早い人は決まって好奇心が旺盛です。

テクニカルだけに特化せず、気になったことはすぐに検索するクセがついている人が多いです。

FX市場は基本的にランダムウォークな値動きを一年中繰り返していますから、その中で規則性を見つけるにはやはり常に自ら情報収集を行う姿勢が求められます。

短中期のトレンドやファンダメンタルズ情勢なんてコロコロと目まぐるしく変化する世界です。

シチュエーションに応じて柔軟に対応するためにも、常に最新の情報を求める姿勢はとても大切です。

こういうブログに辿り着けるのも、言ってみればある種の才能です。

 

2 テキストリーディングを苦痛と思わない

6cd2edbdda0645faa8be97d501cf4473_s

テキストを読むことを苦痛と思わないことも、これもまた一種の才能です。

トレードの上手い人に「活字嫌い」はいません。

僕も若い頃は長い文章を読むのが苦手でしたがウェブの記事を読み漁っていく内に活字嫌いも改善され、今では分厚い実用書を読むのも苦痛と感じなくなりました。

僕は、読書は最もコスパの良い学習法だと思っています。

確かに、一冊の本の内容全てが直接トレードの役に立つ訳ではありません。

むしろ本には既知情報やダイレクトに欲しい情報ではない余計な情報、劣化した古い情報の方が多いくらいです。

それでも本を読んだほうが良いのは、本を読むと視野が広がるからです。

人間は自分が知っている以上の世界を想像することは出来ません。

直接有益な情報だけを得ようとするよりも、未知の情報に触れる方が結果的に多くの情報を吸収できる上、様々な角度から情報を分析できるようになります。

Startup FXオススメのFXトレード書籍

 

3 正当な自己評価が出来る

d35f06bb771d4ea39aea400fb9525bfd_s

正当な自己評価が出来ない人は、成長のスピードが格段に遅れます。

トレードは直接お金が絡む仕事ですから、個々人の性格によって「勝った時の快感情報」だったり、「負けた時の苦痛情報」が強烈に脳内にインプットされます。

例えば、「トレードを始めて3ヶ月ですが、今のところ毎月プラス収支です。」

こういうことを言ってくる初心者は、大抵勝てていません。

この手のタイプの人は取引のデータも記録も付けていないにも関わらず、トレードで勝った時の快感情報が強すぎて「自分はトレードが上手い」と錯覚を起こしているんです。

パチンコ中毒の人に勝ってるかどうかを聞いて「トータルではプラス」という何の根拠も無い答えが返ってくるのと同じです。

正当な自己評価とは、データや事実から自分の実力を推測する能力のことです。

自分の認識とデータを合致させ、トレードを上達させるために必要な要素を導き出す。

これが実践出来る人は早い段階でトレードで成功できます。

 

コンサル生絶賛募集中

コンサル企画やってます!

僕が実際にエントリーしたポジションのテクニカル解説や月一回の対面コンサルなど、ガチで常勝トレーダーを輩出すべくがんばってます!

詳細はこちらからご確認を⇒コンサル生募集

 

★人気記事★

僕のFXトレード環境【オススメの道具・アイテムまとめ】
管理人の投資実績【過去一ヶ月の収支を公開しちゃいます】
【完全版】金融政策を読み解き、スイングトレードを攻略する方法

 

 

 - FXとは, FX心理(メンタル) , , , , , , ,