StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

FXって一体何なの?

      2016/01/27

スポンサードリンク

FXの仕組み

この記事では、FXとはどのような仕組みのものなのか、簡単に説明していきます。

FXとは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略で、外国の通貨(ドルやユーロなど)を売買することで、損益が発生する取引を意味します。

FXの仕組みをわかり易くたとえると、このようになります。

例えば、海外に行くときに日本円を米ドルに両替します。為替レートが「1ドル=100円」とすると、10万円は1,000ドルです。

しばらくして日本に帰国したとき、手元の1,000ドルを日本円に戻します。そのときの為替レートが「1ドル=120円」なら、1,000ドルが12万円になります。
このように日本円で米ドルを買って、時間が経ってから売ることで、2万円の利益になります。

この例のように、通貨の価値が上がると思ったら買い、買った時点より価値が上昇したところで売る(手放す)と、その差額が利益になります。

1ドル100円で10万通貨買い→1ドル120円で10万通貨決済(売る)→2000円の利益

逆に、通貨の価値が差上がると思ったらその通貨を売り、売った時点より価値が下落したところで買い戻すと、同じようにその差額が利益になります。

1ドル120円で10万通貨売り→1ドル100円で10万通貨決済(買い戻す)→2000円の利益

このように取引(売買)を繰り返すことで、FXで利益を上げていくことが可能になります。

→FXの口座開設はこちらから

★人気記事

 - FXとは