StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

FXで9割の人が負ける理由

      2016/11/17

資本主義のキビシイ現実

スポンサードリンク


FXで勝ち続けているのは全体の僅か上位10%程度だそうです。
なにか確証的なデータがあるわけではないですが、一般的にその程度の割合だといわれています。

FXは株とか他の投資とは違ってゼロサムゲームなので、誰かが負けた分の金額は、他の誰かの利益になる仕組みです。

つまり、90%の敗者の損失額を、10%の勝者がそのパイを総取りしているという現実なわけです。

この現実をあなたはどう受け止めますか?

さらに面白いのが、10%の勝者達はメンツがほとんど変わらないってこと。
逆に90%の敗者は常に新規のトレーダーが入れ替わり立ち代りしているそうです。

これも統計的なデータがあるわけではないんだけど、僕の経験上、おおかたその通りだと思う。

比率が9:1か8:2か、それくらいの誤差はあると思うけど。

パレートの法則なるものがあります。
ビジネスの世界ではよく使われる考え方です。
例えば、一企業の売り上げの8割は優秀な社員上位2割が稼ぎ出すとか、
ゲームアプリで課金するユーザーは全体の2割とか。

もっとマクロな視点で言うと全世界の富の80%は人口の20%の人間達が保有してる、とかね。

いわゆる8:2の法則ってやつ。

このパレートの法則がFXの世界でも当てはまっちゃうわけです。

 

FXこそ弱肉強食の世界

FXで勝ってこうと思ったら、最低でも上位20%の優秀なトレーダーの仲間入りをすることが最低条件になってきます。

始めたばかりの初心者にとっての上位20%って難易度高そうに思えるかもしれませんが、実際はけっこうイージーです。

上記したように、全体の90%の敗者は、常に新規のトレーダーです。
つまり、知識もなければ経験もないひよっこトレーダーの集まりが市場参加者の90%を占めているわけです。

ひよっこトーレーダーは知識も経験もないから当然負ける。カッとなって無理してロットを限界まで上げてまた負ける。
これを繰り返して、最終的には資金が底を付いて退場です。

このひよっこたちの負け分を、10%の成熟したニワトリトレーダーたちが総取りしていく流れ。

もうこのルーティーンの繰り返しが永遠と行われているのがFXの世界です。
株式トレードように、アベノミクス相場で買ってた人みんなハッピー、みたいな感じとは訳が違うわけです。

 

まずは死なない(退場しない)こと

口酸っぱく言いますが、敗者9割の敗因は資金管理不足による退場です。
退場していく(トレードするお金が無くなる)から、勝ち組になりようが無いわけです。

逆を言えば、勝者達がなぜ勝者であるかは単純な話で、退場しないで(資金を溶かさずに)勝てるようになったから結果として勝者になっているわけです。

だからまずは退場しないこと。
退場しない為に、以下の2つのルールを厳守しましょう。

①負けたからといって証拠金限界までロットを上げない
②事前に決めた価格で損切りをする

FXでは起こりそうに無いことが普通に起こる世界です。
降りかかる災難は事前に回避できるように予防しておきましょう。

上記の2つさえ守っておけば退場とか一発ロスカットの可能性はグンと減ります。

退場せずに、正しい方法でトライアンドエラーを繰り返していけば、
月間収支マイナスから月間収支トントン→月間収支プラスという感じにだんだんと精度が上がっていきます。

まずは退場を避けること。初心者の方はこれを念頭において取り組んでみてください。

 - FXとは, 初心者のためのFXノウハウ