StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

FXで稼ぐ方法は2種類しかない

      2016/01/27

難しく考え過ぎてない?

相場の世界にはルールがありません。

手法、ロットサイズ、ポジションの保有時間、利食い損切りのタイミングなどなど、全ての選択が自由です。
自由であるがゆえに初心者は難しく考えすぎてしまう。

複雑なインジケーターや計算式を使えばめっちゃ勝てる気がするんだけど、全然そんなことない。
僕もFXを始めた当初は手法探しに奔走した時代がありましが、必ず勝てる聖杯などは存在しません。

FXなんてのは上がるか下がるかしかないんです。
だから極力シンプルに捉え、いかに単純化出来るかがキーになってきます。

スポンサードリンク

ロットを上げるか、獲得PIPSを増やすか

FXで稼ぐ方法は、極論を言えば2種類しかありません。

ロットを上げるか獲得PIPSを増やすかです。

用語が分からない方は→FX基礎知識

どういうことか解説していきます。

ロットを上げるパターン

少ない獲得PIPSでも、ロットを上げれば大きな利益を獲得できます。

(例)獲得PIPS 10PIPS

10万通貨で1万円の利益

100万通貨で10万円の利益

ロットを上げて少ないPIPSで一日に何回もトレードを行うのがスキャルピングやデイトレードといったスタイルです。 

獲得PIPSを増やすパターン

例)獲得PIPS 100PIPS

1万通貨で1万円の利益

10万通貨で10万円の利益

このようにロットが少なくても、獲得するPIPSが多ければ、同等の利益が望めます。

ロットを上げてトレードした例と比較すると、ロットと獲得PIPSの数値が真逆になっているのが分かりますね。

ロットを低く抑えて、獲得PIPSを伸ばしていくのがスイングトレードや長期トレードといったトレードスタイルです。

 

自分のスタイルを確立しよう

上記したように、トレードで稼ぐ方法はロットを上げるか、獲得PIPSを増やすかの2種類だけです。

重要なのは、自分がどっちのスタイルで取引していくのかをしっかり決めるてこと。

一番やっちゃいけないのが、

ロットを上げてるのに、損切りをズルズル引き伸ばす。

・ロットが少ないのに、利確が早すぎる(獲得PIPSが少ない) この二つです。

これやっちゃうと泥沼化してっちゃうので、気をつけてくださいね。

 

★人気記事

 - FXとは, 初心者のためのFXノウハウ