StartUp FX| 本気で勝ちたいFX初心者に送る取引手法、メンタル学習ブログ

*

FX初心者にオススメのトレードスタイル

      2016/01/27

最初はとにかく回数をこなすべし

FXを始めたばかりの初心者にありがりなのが、利益確定と損切りのタイミングが毎回バラバラってこと。
利益が出てるからって数分で利確してみたり、マイナスが膨らんでるからって何日も保有してみたり、こんな感じだといつまで経っても勝てるようにはならない。手法を統一しないとね。

という当たり前なことを体感的に気づく為にも、最初は適当でもいいからどんどんトレードしてみましょう。やってるうちに「適当じゃ勝てない」という事実に気づくので。

スポンサードリンク

トレードスタイルの種類

FXのトレードスタイルには主に4つの種類があります。
自分の性格とか生活スタイルに合わせて決めるのがいいです。
早く利確したいせっかちな人はスキャルピングとか、サラリーマンでチャートを常に見ていられないって人はスイングトレードとか。そんな感じでまずは決めてみましょう。

①スキャルピング

数PIPSの値幅を狙って、頻繁にトレードを繰り返す手法。 スキャルピングトレーダーの中には、1分以上ポジションを持たずに、1銭でもマイナスになれば損切りし、逆に1銭プラスになれば利益確定を行うトレードをする人もいます。 スキャルピングは、損失も利益の差も大差ないので、通貨ペアや取引時間帯ごとの値動きのクセを覚えて勝率を高めていくことが重要。

②デイトレード

1日でトレードを完結させるスタイル。 トレード時間は人によって様々ですが、寝る前には必ず決済を行うのが特徴。FXトレーダーの中で一番多いトレードスタイルかな。 1日の流れを見極めることがポイントですが、ドル円であれば数十銭から1円程度の値動きを狙っている人がほとんどです。

③スイングトレード

1つの大きな値動きの波(スイング)を狙って、トレードを行う手法。 だいたい数日から1週間程度がトレード期間の目安です。重要なのは、一定の期間の流れを予想する市場経済を読む力が必要になる。 基本は値動きに逆らわない順張り(上昇トレンドの場合は買いから入ること)で、相場の値動きに逆らわずに利を伸ばしていきます。

④長期トレード

長い期間の流れを読み、数週間から数ヶ月の相場の流れを追いかけるトレードスタイル。 数年にわたってポジションを保有する人もいます。

僕のトレードスタイル

参考までに僕のトレードスタイルも紹介しておこうかなと。 僕の場合はメインはデイトレード、たまーにスキャルピングって感じのスタイルでやってます。
最初の1年くらいは色々試して彷徨い歩きましたが、今はこのスタイルで落ち着きました。

一日の取引回数は平均3~5回くらい。多くても10回やるかやらないかくらいです。 狙う値幅は10pips~50pips程、ここだけは結構バラつきがあります。 その日のトレンドとかボラティリティを見て利益確定の値幅を決めないと勝てないので。 逆に、必ず○○pips!って固定してる人は負けてる人多い気がする。  

とまぁ僕はこんな感じで日々トレードしてるわけですが、僕のやり方が必ずしもこの記事を読んでくれてるあなたにマッチするわけじゃないので、参考程度に考えてもらうといいと思います。 ぶっちゃけ初めは勝てなくてもいいです。いろいろ試してるうちに性に合うやり方が見えてくるので、それを深堀りしてルール化して一定期間トライしてみましょう。

★人気記事

 - FXとは, 初心者のためのFXノウハウ